COLUMNコラム

E-2 レート選手

E-2 レート選手

レートくんと移動し
到着後、コースをサイクリング

何回となく出場しているので
ここがエイドとかゴールとか
説明しながら走っていたら
前から他の選手が走ってきて?な顔

今年は例年の逆回りで
逆走していた残念なヒトになっていた

要項ちゃんと読んで来いよ!

次はちゃんと試走
他のチームの後ろに着いて
ラクラ〜ク♪

鮎チャンも合流し
E-2 レートくんのサポート&応援をして

さて、鮎ちゃんと自分の番です

「暑い!暑いんだよ!こん畜生!」と
騒いでいたら

鮎ちゃんに「ムラさん 山の涼しい所で走っているから!」
「埼玉なんて朝の7時で30度超えてますから!」
「ぜんぜん 暑くないす!」

だそうです
あ〜あ 鮎ちゃんもアタマおかしいヒトになっているよ

スタート・ゴールラインは会場からすぐ
登坂スタートでローリング

すぐにリリースされ
すぐさま2人逃げている

自分がなんとか集団内で着いていけるので
多分、これ 遅いんだろうな〜 思いつつ

「もう!いっぱい いっぱい なんですけど!!!!」

上り切ってダム湖周回道路に入り
こまめなアップダウン
集団内にいると まあまあラクですが
結構必死に走っているオレ

折り返し、
集団は長〜く伸びたり縮んだり

自分は後ろの方で着いていくのが必死

下りきってA角カーブで
前に合体しようとペースが上がり
ペースアップがエイドが過ぎ
斜度がキツくなるところまで続く

ゴールライン付近で本格的な登坂に入り
少し緩んでくれますが
自分は必死で着いていく感じ

なんとか上りきりましたが
脚が攣りそう

水を補給する余裕がないんです!

2周目はチャンスがあれば
出来るだけ前の方へ

下りも攻めて
A角カーブに入る頃には先頭よりやや後ろに着き
エイドの登坂も1周目よりラク

逃げている選手はいるものの
集団内は淡々と登坂

が、脚はもう 攣っている?

水補給する暇なく
脱水状態ぎみ

なんとかダムを登坂して下り基調なんですが
脚に力入らなく着いていけません!

そんな 脚の不自由なおじさんを見かねて
お友達ライダーのteam CUOREのイイヌマ選手が
前に入って集団に復帰させてくれた(涙)

復帰したものの
攣っている脚で踏めるわけなく
また、遅れる

またイイヌマ選手が前に入って
復帰させてくれるんですが

スマン もう らめら〜(誤字ではない)

さようなら〜 イイヌマ選手
さようなら ナカイイ和尚
さようなら〜 鮎ちゃん
さようなら〜集団
ああ これで 水が飲めるよ

自分のペースで 水分補給しながら走り回復走り

前も後ろも だれ〜も居ない
早々ボッチになってしまった!!!!!


補給エリアで
レートくんとアイコンタクト

レートくん 川遊びしてた

ウソ 川でボトル冷やしていた

ボトルを投げて 次の周ボトルくれサイン

ゴールラインを過ぎ 登坂に入ると前に選手がいるジャン!
あまり遅く スルーというか
回復して まあまあのスピードで登坂

さらに1人スルーして ボッチでダム周回道路をクネクネ

レートくんからボトルを受け取る鮎ちゃん

レートくんからボトルを受け取る鮎ちゃん

いよいよ レートくんから ボトルをキャッチ!

し  し  損ねた!!

オモ!!!

デカボトルを捨てたので
重くてキャッチできなかったのだ

久々のサポートで そんなことコロッと忘れていた

2周でボトル2本飲み干したこともあり
回復し この周もガンガン登坂できますが
やっぱりボッチ でクネクネ

すると 折り返して
しばらくして
後ろから お友達ライダーの
イナーメ信濃山形 スガネサン率いる4人の小集団

遂に キタ!!!!

前のたれた選手も広い
大きくなる小集団

率先して 自分も前を引きます
と いうことは この集団は遅い 

補給エリアで 今度はしっかりキャッチ

よ〜し 調子良くなってきたぞ!!!
と 小集団を引っ張ります

ゴールラインで脚切り終了!


目標の5周回に入るのに、30秒ほど足りなかった


残念!


鮎チャンは見事完走
アタマおかしいヒトの仲間入りか!

鮎ちゃんゴール!

鮎ちゃんゴール!

FBにハアハアしてゴールスプリントあるよ!