COLUMNコラム

生き残りをかけて頑張る3名!いつも他力本願おじさんも珍しく先頭引いているよ!(笑)

今回のレースは、朝3時出発でレイトくんと群馬CSCへ移動

朝一番のE-2参加のレイトくんのサポートをして
昼に自分と鮎ちゃん出場のE-1レース

天気は朝から晴れたり、小雨だったりと不安定な状態

E-1は出場人数70名ちょっとと
あれ?みんなどうしたの?
全日本に向けて調整?

速い選手は来ていますが
明らかに人数が少ない

脚の状態は悪くなく、良くもなく
これは完走のチャンス!でないでしょうか!!!!

真ん中ぐらいに並んだはずが
スタートラインに着くと限りなく 一番後って

でも、70人ちょっとということもあり
先頭はすぐ手に届きそうなぐらい目の前

なので、問題なし

S字カーブが終わって
やや上りに入るとリアルスタート

鮎ちゃんは 定番のぎっくり腰をやったとかで
調子悪いとかで、自分より後ろでウロウロ

この頃、スタートした瞬間
前に行ける感が全く無かったが
人数が少ないこともあり
ちょっと頑張れば前に出れそう

心臓破りの坂も無難にこなし

ゴール手前のヘアピン後
直線で道幅も最大に拾いギャラリーで

なぜか落車

それも自分のちょっと前

ドミノ倒しの様に横に広がり
コースをふさいだ

で、完全にストップ

右はコースが完全に塞がり行けない
左に行こうとしたら

横の選手が巻き込まれていないにも関わらず
呆然とて動かない

なので「ちょっとどいて!」と怒鳴って
開けてもらって

集団を追う

自分の脚で追いつけそうで
追いつけない……

徐々に差が広がり万事休す

下りの手前で
後ろから2名の選手が
スゴイ勢いで追いかけていく

1名はSBCの選手

で、当然、後ろに着く

ムリ

たぶん自分40キロぐらい
SBCの選手たぶん48キロぐらい

SBCの選手、坂に入ったところで追いついた

もう1人は諦めた感じで
集団復帰できず

自分、坂が終わったとこで
集団は跡形も見えない

「なんでこ〜なるの!」

しゃ〜ない 欽ちゃん走りで黙々と走ります

心臓破りの坂で
Yamanakako Cyclisme Formationの森脇選手が後ろからやってきて

便乗

先の落車に巻き込まれ遅れた選手、
すでに3レース1位になっていてランキング4位のヘンタイ選手

先頭交代を要求してきたので
しゃーない 交代

けど、あまりに遅いせいか
すぐに交代してくれ

後ろに着く

最終コーナーへピンで着ききれず金魚のフン状態

集団から後れた、2人の選手に追いつ
森崎選手から離脱

脚が終わってしまうがな!

この2人の選手と完走目指して走ります

2人とも落車に巻きこまれた選手

1人はたぶんサイクルフリーダム・レーシングの谷脇選手
合流後先頭でコントロール
が、下りが遅い

もう一人はたぶんサガミレーシング皆川選手
登坂が苦手なのか
心臓破りでは後

S字下りからのゆるり登坂が速い

お互い同調して
先頭交代しながら周回を重ね

先頭集団より1周回で30秒程度のビハインド

序盤は谷脇選手が先頭が多くコントロール
脚きり間近になると
皆川選手が前にいることが多くなった

ついにその時は来た!

ゴールラインで笛を鳴らされて
脚きり終了!

チャン♪ チャン♪

もう必死で 何周回したかも覚えてない
ガーミンも押し忘れた!

脚きり後
レースを見ると

3人が逃げて
集団は見送りなんか緩い走り

いいな〜♪
あれなら自分も残れたw

で、調子が悪いはずの鮎ちゃんが11位と
ビッグポイント獲得!

落車で優勝候補が巻き込まれなければ
違った展開もあったかもしれないが

なんでこーなるの!

ちなみにE-2 レイトくんは7位でした!
写真はレイトくんから

レース後のレイトくんとこれからレースの鮎ちゃん