COLUMNコラム

昨年、灼熱の中
死にそうになりながらも完走できたやいた片岡ロードレース

このコースは対面通行箇所があり、
対面にならないないようするため
脚きりが2分30秒と短い

なので、序盤で集団から後れると万事休すのレース

まずは、アップかねて鮎ちゃんと試走
今期、今までになく調子がいい!

昨夜、6時には寝ていたせいでしょうか!
脚が軽い!

これは、今日は行けるんじゃないの!!!と
思っていたが

登坂で後ろから来たE-1選手の後ろに着いていけません!

鮎ちゃんは余裕でついていった

あれ?

鮎ちゃん曰く
「村さんは250wぐらいだとず〜と出し続けられるんだけど、
E-1だと350wとか400wである程度の時間踏めないとダメす!」

「調子がいいのに、試走でついて行けないんじゃ
全然遅いジャン!オレ」と

レースが始まる前に結果が見えちゃったジャン!

早めに並んで、真ん中よりやや前の方でスタート
無情にも霧雨が降ってきた

といことで、スタート前に一斉に皆空気を抜いてやる気満々

スタートして1周目なんとかクリア

2周目コリーナ矢坂入口のカーブで
少し手前の選手がコケて
なんとか巻き込まれないようクリアしたが
減速した穴がなかなか埋められず

集団と金魚のフン

そんな瀕死の自分の横を
お友達ライダーのTeam CUOREのイイヌマ選手が
高ケイデンスで集団の中へ

自分もその後ろについたが
すみませんつきキレしました

ということで昨日に続いて
キレた選手が集まって小集団となって
完走を目指します

下りが速い選手、平坦が速い選手
登坂が一応まともな自分が先頭になって
3周目クリア

で、4周目に入り第一関門で
チャンチャン♪ 脚きり DNFとなった

鮎ちゃんは完走!

さすがです!

完走した鮎ちゃん