COLUMNコラム

12月23日(日)信州クロス上山田大会 南信州大会

天気予報では曇りの予定だったのですが

雨!

一緒に同乗したマスターも自分も
雨対策してこなかった

自分はかろうじて雨カッパを持ってきた←持ってきてんジャン!

HGさん、カズちゃんと合流
試走へGO!

今年のコースは昨年より
クネクネが多く
砂と泥がプラスα
これぞ泥んこプロレス!

観戦している分には面白いですが
走った後の後始末が・・・・

洗車場ないし

あっ天竜川があるじゃん!

あ〜良かった♪

この砂場と泥は
9月の台風で天竜川が氾濫してこうなったそうです。

カテ1は京都のJCXシリーズと重なり少なめの10人ちょっと
いつものスワコ小坂選手いないけど
リドレー丸山選手がエントリー
頑張れば3位になれるかも

と思いきや、丸山選手が会場に来たけれど
カゼぎみで、天気が悪いんで 帰ってしまった!

なんと なんと 2位になれるかも

しか〜し 欲張らない
飯山の大会で欲張って失敗したので
焦らず自分の走りをするば

なるようになる!

ということで最前列にいたのにも関わらず
スタート直後
ほぼドンケツ!?って(2列しかなかったんですけど)

サイクルマインドのサワサワさんの後ろで走っていましたが
前の集団と空き始めたので、前を詰める

と思いきや、前の選手とその前の集団と空き始めたので
前を詰める

ハッシー率いる5人ほどの集団の一番後ろ

ハッシー、明星大学サトウ兄弟、teamYOUCAN大倉選手、
Speedvagen Family Racing 矢野選手

まず、遅れたのがサトウ兄弟のどちらか

ハッシーがピットに入って後方へ
(たぶんクランクでハッシーが転んだ時、自分が突っ込んでしまったからかも)

しばらく大倉選手が引いていましたが
徐々に後方へ下り

自分がトップに

よ〜し独走だ!と思ったが
後方を引き離せない

前の選手のす〜くんに合流したいのですが
今どんどん力をつけている若い選手
離されるだけ

実はフロントタイヤの空気圧が高くて
思ったラインに入れず
カーブで減速

後ろの方にいたと思った
矢野選手がすぐ後方に
なんか今までなく勢いを感じたので
前にいかす

矢野選手のクランクや泥セクションが上手
そこで引き離される

残り2周
ゴールライン通過後
直線で向かい風セクションで
矢野選手が脚を緩めたので
前を行けサイン?

しかたがないので
先頭交代

ハッシー必死に追いかけてくるが
見捨てた…(アーメン)

クネクネに入る前に
矢野選手が前に出て
突き放しにかかるが

しっかりチェック

むずいクネクネや砂泥区間で間を空けられるが
しっかり詰め最終ラップ

また、直線区間は前にでて
クネクネに入ると交代

ゴール前の直線でスプリント勝負になるのか
すぐ後ろについて矢野選手にプレッシャーをかけます

矢野選手がクランクで膨らみ
自分がインからついてそのままダッシュ

次のクランクを落ち着いてこなし
後はゴールまでもがき

そのまま2着でゴール!

矢野選手ゴメンなさいという感じでしたが
今期最終レースを気持ちよく
締めくくれました!

皆さん応援ありがとうございました!

今シーズンはこれで終了し
快レーシングとしても最後になりました。

来期は勤務先で「カンクリサイクリングチーム」が誕生
心機一転頑張りますので
引き続き応援よろしくお願いします!

ありがとうございました!