COLUMNコラム

スタート前 ゆきえさんのFBから拝借

1telくんが「むらさんが、車出してくれるなら行ってもいいよ」の一言で
参加が決まり GO!

当日は。朝早いので1telくん宅へお泊り会
なので、夕食はいつもの店で恒例独身の快

さっさと終了して、9時消灯
3時半に起きて、朝霧高原へ移動です。

7時半には着いて
8時試走

牧場をくねくねさせて、休みどころがないスピードコース
下りからのカーブからのゆる登りがいくつも点在

スピードロスを最小限に抑えて
登坂をちゃっちゃと上ることができると
リズムに乗った走りができ
掘れたコーナリングの攻略がキモとなります。

1時間ちょっと時間いっぱい試走をして
心拍を上げ、クールダウン

JCXシリーズはお友達も多く参加していたもので
お友達やその家族と談笑して時間を潰します。

あっというまにカズちゃんの出番

1分先スタートのマスタークラスと混じり
いったい何位走っているのか良くわかない状態になっちゃいました。

1位のゼッケンで最前列スタートしたわりに
どんどん順位を落としていきましたが
後半は追い上げ、結果4位と後少しでお立ち台

1位の選手はC-1で2位だった村上選手の弟くん
断トツの走りでした

飽きた頃、自分の出場するC-1です

いつもの信州クロスなら
閑散としているのですが、さすがJCXシリーズ

スター選手の出場もあり
参加人数もスゴイですが
ギャラリーもスゴイ盛り上がり

参加人数98人中60番とまあまあのゼッケンをもらって
ゼッケン順に並ばせてくれるのかな〜と思っていたら

大違い

真ん中よりかなり後ろ

完走できない ジャン!!!! ブツブツ・・・・・

まあ、ハッシーは一番後ろからなので
それに比べれば雲泥の差なんですけどね

お友達ライダーのスワコ聖さんのお隣に並ばさせていただき
スタートまでおしゃべり

スタートしてしばらくは2列渋滞
なかなか抜かすことは出来ず、
落ちてくる選手をパスするぐらい

このコース一番長い下りで少し前に行き
少しだけ前に行けた

2周目に入ると一列棒状
基本落ちてくる選手をパスして
無理に前の選手を抜かさない

このコース一番の難関で1telくんが応援しながら
トップとのタイム差を測っていてくれ
どうのこうのと教えてくれる

3周目でスプロケットに草がからみ
H側が歯飛び
重いギアが踏めなくなる

この時点でだいぶ順位を上げることができたが
トップとの差は開き
1telくんからは「もっとスピードを上げなきゃやばい!」とのこと

序盤、脚を使ったせいもあり走れなくなりペースダウン
1telくんから気合を入れられるが

暑さも重なりパワーが出ない

反面、コーナリングも上手になり
パワーロスを抑えて、登坂でパワーを使い

からまった草もギア内に食い込み
変則ができるようになり
自分の中では再びスピードアップ

スルーされた選手に再び合体しスルー
その前の選手を追います

6周目に入り、1分後ぐらいに足切りジャンがなり
自分の中ではさらにスピードアップ!
出来れば前の選手に合体したい

なんとか7周目に入って
最後の力を振り絞った

前の選手にだいぶ詰めたのですが
8周目に入れず脚切り

もう1周いければ完走できたかもしれないのに

残念!

喉はカラカラ
脚は攣り

とりあえず富士山の湧水で
顔の火照りをとって
水をがぶ飲み

下手したら脱水状態になったかも
やばかった〜

自分の力は出し切れたかな〜と

今回はお友達に
たくさん応援していただき
ありがとうございました!

楽しく遠征できました!

 

弱ペダヒジリ選手が棄権したので、順位が繰り上がり27位となっでした