COLUMNコラム

自分が出場予定の実業団レースが終了し、良いタイミングでシクロクロスが始まりました。

第1戦は白樺湖

3年ぶりに参加です。
出たかったのですが、地区の運動会と重なり
ここ2年御座なりになっていました。

ちなみに今年も運動会が重なっていたのですが、
隣組長から声がかからなかったの
迷わず白樺湖へGO!

寒〜い!

到着してすぐカズちゃん合流

2人で試走

なんだけどC-1、2とCL-2は特別コース

ギアが足りないほどの斜面を上り、ブレーキが効かないぐらいの
斜面を下る

濡れた斜面で危いので

1回走って自分もショットカット
再びカズちゃんと合流

試走を終えると冷たい雨が降って来て
カズちゃんの車でHGさんと雨宿り

なんだかんだと話をしているとあっという間に
カズちゃんとHGさん出場のマスターとC-3

雨が降っているので、傘サポーターして
レースの応援

マスタークラス40代ではCOGS中Mさん
C-3はカズちゃん優勝、3位に信大自転車競技部T橋元部長

カズちゃんに敗れた2位の選手は、メチャクチャ悔しそうでした
富士山でリベンジするそうです

2位の選手はスタートからの飛び出しが早く
最初に脚を使っちゃた感じ

10人エントリーの9人出走で昇進なし

これまでのレースで1位がなかったとのこと
カズちゃんも大喜び

これで彼はウンを使い果たしたかも

さて、自分の番のC-1
もう、ほとんどが選手は帰って閑散としてきました

これ、見なくても1位から3位、いや4位まで決まったような感じがあるんですけど(笑)

とはいえ、順位まではわからないのでレースはします

標高も高いし、スタートダッシュで心拍がついていかないので、
最前列スタートだったのですが
遠慮して最後尾スタートにしてもらいました。

14人しかいないので3列目

優勝候補の1人スワコ兼子選手の後ろ姿
昨年とは別人のようなアスリート体格になっていますw

スタートして最初のカーブでなんか1人だけ置いていかれましたが
2カーブ目で詰まって追いついてシュケインの前で置いていかれ

階段で追いついて
平と下りセクションで何人かスルー

ハッシーと直接対決!と意気込んでおりましたが
軽く蹴散らした

彼は、昨年の方が速かったような
登坂が弱くなっている感じ

奥のジャリセクションで7位まで上げ
昨年、上山田で優勝を争った
teamYOUCAN大倉選手とデットヒート

6位に浮上

前のSCOTTシュン選手とイナーメユウキくんを追い
ジョイント

シュン選手がバイクチェンジでピットに入り

ラッキー♪

と思いましたが、何もなかったように復帰

一時ユウキ選手が前に出たり
そのまま3人でパックを組んでましたが

自分が遅れ
シュン選手とユウキ選手との差が広がります

脚を使えば再びドッキングだったんですが
まだ、序盤

後半、脚を使い切れば
登坂が登れません

なので、自分のペースを守ります

1〜3位は
チーム リドレー丸山選手、スワコ兼子選手と小坂選手が
パックを組んで
すでに遥か遠くへ
あ〜今年もこのパターンか!

後ろには臼杵レーシング イー選手が迫ってきています

しばらくしたらユウキ選手が落ちてきてスルー

彼はイー選手とドッキング

自分は1人旅
1〜4位の選手と差がどんどん
どんどん開いていきます

が、トップ3人から小坂選手が落ちてきた!!!!

カズちゃんが頑張れば追いつく!とゲキを飛ばすが

まったく まったく そんな感じは微塵もなく
差が広がるんですけど!!!!

残り5周回
淡々と一人旅

後ろのイー選手とユウキ選手のパックも崩壊

イー選手だけがチラホラ後ろに見え

最終ラップ

階段後、大倉選手をラップする

彼は2週間前、練習中に前輪が外れ大落車
腕を負傷し、それをかばって走っていたら腰痛に

今日も、レースの途中で腰痛で走れなかったそうです

1日も早く治して戻ってきて欲しいです

さらに1人檄上りでスルー

最後まで垂れずゴール!
自分の力は十分発揮できたレースでしたが

1〜4位の選手とは力の差があり過ぎました

次は富士山のJCXシリーズ
92人のエントリーで平なコース

とりあえず完走が上出来ってところですかね