COLUMNコラム

早いもので、実業団ロードレースも最終戦になってしまいました。

三国川ダムに着くと、カメムシが大発生していて
そこら中に飛び交う

なんか臭いな〜と、一向にやまない臭いで
おかしいな〜?と思っていたら
カメムシが髪の毛の中で休憩していた

この時期、異常に気温が上がった影響らしいが
走っていて、口の中にでも入ったらやだな〜と
恐怖でした

突然変わったインフォメーションでしたが
アテンダントミーティングと試走と
事務局も柔軟に対応してくれ、
だいぶ助かった

 

ローリング後、登坂に入るとリアルスタート

自分はなんとか着いていけるので
きっとこれは遅いんだろうと

集団の後ろに必死についていき
なんとかダム湖を周回

下りは先頭の方に出ると
お友達ライダー麒麟山オーノッチが
宣告通り下りがやたらビビっていた

数週間前だかに下りで落車して
下りがヘタになったとか

とりあえず先頭で下って、登坂で下がる

というか

登れなくて自然と下がっていくだけなんですが

2周目もなんとか食らいついて
集団のキレそうで切れない金魚のフン状態でダム湖周回

またまた、下りで前の方にいったら
麒麟山オーノッチが、1周目とは別人のごとく
鬼ハヤ!

あまりもの速さと、自分との体重の差でまったく着く事ができず

オーノッチはすっかり、元のアホな人になっていました

2回目の登坂
集団に着いていく事ができず

少しづつ集団と離れてしまいます。

ていうかメチャクチャ暑いんすけど!!!!

みんな暑いんだろうと思うのですが
加齢とともに、暑さに順応しづらいんですよね〜

あ!!!残り3周回でキレてもうた(涙)

が!

かろうじて、ボッチにならず済みました
集団に乗り遅れた選手数名と
ローテをしながら走ります

いつもなら他力本願なんですが
今回は自分もまあまあしていたと思いますよ(笑)

登坂では、遅れた選手にペースを合わせようということで
4回目の登り

ゴールラインでビハインド4分ちょっと

もう、ボトルの水は空っぽ

まわりの選手は、ボトルにいい感じで入っているんですけど!!!!

年ってくると、喉乾くねん

10人ぐらいで回していた気がしましたが、
最終周回は自分含めて4人に絞られ

TRC PANAMAREDSさん
サイタマサイクルプロジェクトさん
チームフィンズさん

ダム湖周回をローテしながらこなし

下りに入ると

TRC PANAMAREDSさん、サイタマサイクルプロジェクトさんが
メチャ速くて離される一方

かたやチームフィンズさんはかなり遅かった

登坂に入ると、淡々と走り
詰める事もなく詰めらることなくゴール

慌てて水を飲みにいって
生き返った

あやうく日干しになるところだった・・・・

自分のレースが終わると
本日のメインレース初開催のプレーオフ

Jプロツアーチームランキング16位以下のチームと
Jエリートツアーチームランキング上位5チームとの入れ替え戦

プロ VS サラリーマンライダーの戦いに

なんと

なんと

いつも仲良くしてくれる

イナーメのなかいい和尚とスガッキーとナタマメさんの3人が挑戦

これは、ヒマなので俄然応援でしょう!ということで
カメラとiPadを持って、登坂の入り口にGO!

ここは、補給エリアがあって
なんか スゴーいオーラを放つイナーメの超有名人がいた!!!!

目と目があったので、「結婚おめでとう」のご挨拶

近くにお嫁さんもいまして、ご懐妊とのことで
予定日が12月だそうです

もっとも快ジャージを着て応援にいったので
わかっていただけたのですが
着てなかったら、タダの白髪じじいが徘徊しているぐらいしか見えないでしょう(笑)

電柱の影に陣取って、
FBしながら観戦

選手が来るとカメラで撮影したり、iPadで撮影したり大忙し

スガッキーがキレ、ナタマメさんがキレ、ニコニコして登坂するなかいい和尚を
応援し、次の周回は来なかった

「あ!!!写真取り損ねた」

とFBで騒いで撤収!!

会場に戻って
健闘した3人を激励

果敢にプロに挑むお友達ライダーにちょっと感動した

さて、夕方、
明日のレースのアテンダントミーティングに
非常事態宣言が出された!

「カメムシに注意してください!」

 

写真はプレーオフ

 

プレーオフ)イエロージャージはE-1のチャンピオン

 

 

プレーオフ)イナーメ スガッキー(右から2番目)

 

プレーオフ)先頭集団

 

プレーオフ)先頭集団を追いかける2名

 

プレーオフ)その2名を追いかける ウォークライド・バイクの選手

 

プレーオフ)ウォークライド・バイクの選手を追いかける3名